「空手の受け方」の記事一覧(2 / 4ページ)

膝蹴りの受け方 | 空手が上達する練習メニュー

空手の膝蹴りも実戦的な技で、接近戦に用いられます。 フルコンタクト空手では多用されますが、伝統派の試合ではほとんど見かけませんが、護身の場でも非常に有効な攻撃技です。 格闘技の試合では、中段や上段への膝蹴りでノックアウト・・・

後ろ蹴りの受け方 | 空手が上達する練習メニュー

空手の後ろ蹴りは体を回転させ後ろ向きになり、蹴り足をまっすぐ後ろに出して相手の虚を突いて蹴る蹴りになります。 試合の中で相手に大きく追い込まれた場合、一瞬の隙をついて逆転に持ち込める高度な技でもあります。 カウンターで決・・・

足刀蹴りの受け方 | 空手が上達する練習メニュー

空手の足刀蹴りは他の蹴りに比べて、蹴りの距離が長くとれるのがポイントで足の外側の足刀部で刈り込むように蹴る蹴りです。 半身の構えから腰を入れて蹴るため、連続攻撃というよりは極めの攻撃に使われます。 相手の攻撃に対してカウ・・・

横蹴りの受け方 | 空手が上達する練習メニュー

横蹴りは従来空手らしい独特の蹴りといわれて、近くの敵を蹴りあげる横蹴り上げと、遠目の敵を蹴りこむ横蹴込みの二種類あります。 どちらも半身の構えから腰を入れて蹴るため、連続攻撃というよりは極めの攻撃に使われます。 今回は、・・・

前蹴りの受け方 | 空手が上達する練習メニュー

前蹴りは空手の蹴り技の基本になるもので、体を前進させながら勢いをつけて蹴り出すことができます。 そのためと追い間合いから一気に攻め込めますし、最短距離を最大のスピードで蹴ることができます。 前蹴りは、蹴る位置によって中段・・・

金的蹴りの受け方 | 空手が上達する練習メニュー

空手の金的蹴りは実戦の場合最大の攻撃技であり、危険すぎるため試合では禁止技になります。 いくら鍛えた屈強な男性でも金的蹴りが決れば立っていられず悶絶してしまいます。 男性の急所を蹴るわけですから、それほど高い位置を蹴るわ・・・

下段蹴りの受け方 | 空手が上達する練習メニュー

まず空手の下段蹴りのとらえ方が難しいですね。 伝統派空手では試合で下段蹴りの使用は禁止されていますが、実戦の場合相手がいきなり足を蹴ってくるような場合は事は想定できますね。 下段への蹴りによる攻撃は、金的を蹴る、かかとで・・・

上段蹴りの受け方 | 空手が上達する練習メニュー

まず空手の蹴りには、前蹴り、横蹴り、回し蹴り、後ろ蹴り、金的蹴り等多彩な蹴り技があり、蹴る位置で上段、中段、下段があります。 蹴りは強い脚の筋肉で強力に蹴り出しますから、足の柔軟、ストレッチを自然に十分行っておきましょう・・・

下突きの受け方 | 空手が上達する練習メニュー

空手の下突きは現在フルコンタクト空手の試合でよく使われますね。フルコンタクト空手は接近戦が多いため近場で使いやすいローキック組み合わせた下突きが多くなりますね。 伝統派空手の場合は試合ではほとんど使用されず、型の中に少し・・・

逆突きの受け方 | 空手が上達する練習メニュー

正拳突きは基本の突きや受けを練習する時の突きですが、実際に試合等で使われるとなると足が前後に開かれた構えになります。 実際に攻撃しあうときに前後左右に動こうとすると足は前後に開き、そこから前足側の手で突くことが追い突きで・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ