「空手の突き技」の記事一覧(2 / 4ページ)

空手の猿臂が上達する練習方法

猿臂とは、肘で相手を打つ攻撃です。 肘打ちや、エルボーと呼ばれる技ですね。 肘はとても大きく頑強な骨で、破壊力は正拳を軽く凌ぎます。 空手の組手では禁止されていることが多いのですが、強くなる上では欠かせない技ですので練習・・・

空手の掌ていが上達する練習方法

掌ていはとても便利な技です。 護身術では、正拳より使いやすく簡単に身に着けられるという理由で、掌ていを主力としているものも多くあります。 空手においても、とっても重要な技ですので、練習をかかさずに上達させてください。 1・・・

空手の手刀が上達する練習方法

空手チョップという名前を付けられた過去からも分かるように、手刀は空手の代表的な技です。 演武でも、型でも使う手刀は、組手においても使用されることのある技です。 練習をする空手道場は少ないですが、空手の基本的な技の1つです・・・

空手の貫手が上達する練習方法

貫手は、現在では型や演武の中でしか行われていません。 大抵の空手道場では貫手の鍛錬や練習すら行わず、せいぜい型や基本動作の中に盛り込まれているくらいでしょう。 そのため、貫手を上達させようと思っても練習方法が分からないと・・・

空手の裏拳が上達する練習方法

裏拳は、正面から戦う格闘技ではほとんど見られない技です。 側面にいる相手や、背後にいる相手を素早く攻撃するための技であり、護身術として価値のある技です。 武道としての空手において、とても重要な技です。 裏拳は組手ではあま・・・

空手の正拳が上達する練習方法

正拳はシンプルですが、非常に難しい空手の極意でもあります。 誰でもできる様で、実は上級者でも正しい正拳ができていない人が多くいます。 正しい正拳ができていないまま組手をすると、すぐに拳を傷めてしまいます。 早いうちに正拳・・・

空手の下突きが上達する練習方法

下突きは内臓に効かせる技ですから、特にグローブ空手において重要性が高い技です。 それ以外の空手においても、突きのコンビネーションの組み立てなどに必要な突きの1つです。 ぜひ、しっかりと練習をして上達をさせましょう。 1.・・・

空手の逆突きが上達する練習方法

空手において、最も相手を倒している技が上段蹴りと逆突きではないでしょうか。 特に逆突きは、上段蹴りとは違いバランスも崩れないので、非常に使い勝手の良い技でもあります。 組手を上達させるためには、逆突きの練習を基本から丁寧・・・

空手の下段突きが上達する練習方法

下段付きは、低い位置への突きです。 姿勢の低くなった相手や、背の低い相手、または相手の体の下方に突きを打つ場合に使用します。 足払いで体勢を崩してからの下段突きが一般的ですが、実は様々な場面で見られる技でもあります。 1・・・

空手の上段突きが上達する練習方法

上段突き、すなわち顔面への突きです。 上段突きをおろそかにすることはできません、実戦において最も威力を発揮する突きが上段突きだからです。 上段突きを基本から身に着けることは、空手を上達させる上でかかせません。 ここでは、・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ