フルコンタクト空手の前蹴りの蹴り方

フルコンタクト空手でよく使われる蹴り技には、回し蹴りの他に、すべての蹴りの基本となる前蹴りがあります。

前蹴りは、攻撃のスタートとして最初に蹴り出してもいいですし、相手の攻撃を受けてカウンターで極める蹴りとしても多様に使えます。

構えた体制から直線的に高速に蹴れる蹴りですので、相手にとって躱しづらい蹴りともいえます。

飛び込んで、前蹴りを出せば遠い距離からの攻撃として使えますし、接近戦でも前かがみになった相手の中段を蹴り上げる事も可能になります。




また、蹴り出す距離が長く取れるため、試合の時に相手が回し蹴りを蹴ってくる時に前に蹴り出して行って相手が崩したり、接近戦から相手が後退して距離が取れるときに蹴りを極める事が出来ます。

この基本的な蹴りを使いこなすことで、フルコンタクト空手の攻撃の技術が間違いなく上達いたします。


1.フルコンタクト空手の前蹴りのポイント 

まず、前蹴りを効果的に極めるためには、相手に対して垂直に蹴ることで最大のダメージを与える事が出来ます。

蹴りの方向は、下から膝のスナップで蹴り上げるようにすると、相手の姿勢が垂直に立っていたら蹴りが当たらなくなりダメージとはなりません。

まずは中段前蹴りの蹴り方を述べていきます。

一度膝を高く抱え込み、蹴り足の先が高い位置から突き刺すように、水平に蹴り出せるようにしましょう。

この時足だけで蹴るのではなく、腰を前に押し出すようにして体重が足先にかかるようにすると蹴りの威力が増大します。

水平に蹴る動きに腰を前にスライドさせることで距離も伸びますし、相手が後退して躱しても、そのまま前進して反対の足で蹴りこむことも可能です。

軸足も前に前進するように勢いをつけていきます。

足腰が弱いと蹴りが当たった時に自分の体制が崩れますので、サンドバック等を蹴りこんで強い足腰を作り上げましょう。

相手の水月に正確にあたるとダメージが残りますし、繰り返し当たれば倒すことも可能だと思います。

中段前蹴りの使うタイミングとしては、構えた前の手を開いて相手の顔の方にかざします。

相手が、このフェイントに幻惑されたら思い切りよく踏み込んで中段に前蹴りを蹴りこみます。

体全体でぶつかってくるように入るとガードできずに蹴りが極まります。

後は相手が胸を突いてきた場合、突きに合わせて、相手と同じ手側の蹴りをカウンターで出します。

カウンターですから威力は倍増します。

次に上段前蹴りの蹴り方と使い方を説明します。

相手が突き等で前進しようとしてきたとき、一瞬早く上段に前蹴りを出します。

距離が近ければ当たりますし、もし当たらなくても相手は前進できなくなりますから、こちらから続けて突きや蹴りで攻撃に入れます。

いつ上段前蹴りが来るかと思うと、相手は簡単に間合いに入ってこれなくなります。

これも試合の駆け引きですが、多彩な蹴りの使い方が出来れば上達した試合巧者として評されることでしょう。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ