子供に空手を習わせるメリットとデメリット

大変難しい問題ですね。お子さんに空手を習わせたいと思った、親御さんの理由はなんでしょうか?

まさか、ケンカ(身を守るためでなく)を強くさせたい。腕っ節を強くして、「番を張りたい、はらせたい」という親御さんはいないのではないでしょうか。


1.子供への期待、思い

我が子を愛さない親はいません(最近は変な親もいますが)。その思いが、子供そして指導者に正しく伝われば、それで大半はうまくいくと思います。




良く話し合っていただければと思います。空手界は同じ「空手」「カラテ」と名乗っていっても多種多様です。

練習のしかたも各流派、各道場、各指導者で随分異なります。その中から条件のあう道場を選ぶことができれば大半は成功です。


2.道場のタイプ

道場でさまざまなタイプがあります。大会で好成績をめざす道場というのもあります。優秀な子が集まり、日々試合向けの練習に明け暮れるところです。

体育の成績も良く、対人スポーツが得意、本にも試合に出たいという子供にとっては,自分にメリット十分なところではないでしょうか。

一方、どちらかというと運動音痴で競い合うのが苦手、太っていて馬鹿にされがちな子供にとっては道場通いがつらくなるのでは。

これでは空手をやるメリットどころかデメリットになってしまいます。しかし、中には丈夫な身体を作り子供の健やかな成長をめざすところ(道場)も少なくありません。

空手を通じ、身体を動かす行動体力の向上と、身体を病気やストレスから守る、防衛体力の発育を考え練習メニューも工夫しているところもあります。

よく調べて選んだら良いと思います。


3.同じスポーツでも

スポーツにはケガがつきものです。野球ではデッドボール、サッカーではスパイク、バレーでは突き指等々。

空手は打撃が時に強打となり相手を傷つけたり、また傷つけられたりすることがあります。空手は相手を倒すための練習を倒さずに行うわけですから難しさがあります。

子供の心の成長が正しくすすまないとトラブルを起こしかねません。子供を道場に送ったら終わりでなく、子供成長をしっかり見守ることが大切です。


4.親も一緒に道場を、空手をつくる

空手を構成するのは、指導する先人の指導者と習う生徒、というだけでなく、習わせている親御さん、保護者のみなさん、会場を管理してくれる体育館職員、掃除をしてくれている業者のかた、武道具屋さん。

みんながそろってこそ空手ができることを理解し、仲間と一緒に悩み共に育つ「空手」にしてもらいたいと思います。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ