空手の上達に柔軟性が重要な理由

空手の上達に必要なものはたくさんあります。

身体能力の強化も大事ですし技術を磨くことも重要です。

そしてそれを活かすために柔軟性をしっかりと身に着けることも大事です。

そこで今回は「空手の上達に柔軟性が重要な理由」として空手に柔軟性が必要な理由を紐解いていきましょう。


1.柔軟性が持つ意味

まず柔軟性が身についていればどんな利点があるのかを説明したほうが理解しやすいと思います。




空手の動きは激しいもので練習前の入念な準備運動とストレッチは欠かせないことは以前説明したと思います。

身体が固いまま動くと怪我の原因となりますし動きにキレも出ません。

身体が固いということは柔軟性が無いということですので、柔軟性が無いというのは怪我の原因・動きのキレのなさにつながるということです。

また柔軟性が無いと相手から受けるダメージや自分が出した技の衝撃を吸収されにくいので身体の負担が大きくなります。

身体の負担が大きくなると疲れの原因にもなりますので体力が無い・打たれ弱いと感じてしまうかもしれません。

つまり柔軟性とは身体の緩衝材の役割を持ち、また逆にバネの動きによる威力の向上効果も担う重要な部分だということです。


2.柔軟性を鍛えるためには?

そんな柔軟性を鍛えるためにはどうしたらいいのでしょうか?

最初にも書きましたが柔軟性は身体の固さ・柔らかさですので、練習前の入念なストレッチやお風呂上がりのストレッチなどを時間をかけてこなしていくことが大事です。

超一流の格闘選手などは練習前のストレッチの時間に一時間以上かけることは普通です。

ストレッチはゆっくり時間をかけて柔軟性を高めていくことが重要なのです。
またお風呂上がりのストレッチが効果的なのは身体が温まった状態は身体の筋が伸ばしやすい状態になっているのでストレッチの効果が高くなるからです。

なのでまずは練習前に身体を温めることからスタートして、しっかりと身体の中を活性化させましょう。

その次に入念にストレッチをして身体の筋をゆっくり確実に伸ばしていきましょう。

ですがただ時間をかければいいのではありません。

大事なのは足首の筋、太ももの裏の筋、腰から背中にかけての筋、というふうに順番にじっくり伸ばしていくことが大事です。

寒くなってくると身体が温まるのが遅くなってくるのでいつも以上に時間をかけて準備運動とストレッチをしていくことが重要です。

柔軟性をしっかりと高めることが出来れば空手の上達にもつながることですのでしっかりとストレッチを続けていってください。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ