組手での崩し技の使い方 | 空手が上達する練習メニュー

まず最初に空手の組手についてお話ししましょう。

伝統派空手の組手には基本組手と自由組手があります。

基本組手は、お互いに極められた攻撃、防御の技を繰り返し行う事によって、攻撃の届く範囲、運足法、受けのタイミングや力の入れ方等を体に覚え込ますために繰り返し行います。

高度の組み合わせた技の習得にも大変役に立ちますので、まず基本組手をマスターします。

次に行うのが、自由組手でお互いに自由に技を出し合って技の優劣を確認できます。




この自由組手が伝統派空手の試合形式のひとつにもなっていて、空手の技の上達度を測る方法になっています。


1.空手の自由組手行うポイント

伝統派空手の自由組手のルールは、危険な空手の攻撃を強く当てない事が原則になっていて以前は「寸止め」と呼ばれていましたが、最近の進化したルールでは「ライトコンタクト」とも呼ばれて、軽く接触する程度は認められています。

攻撃技を的確に決めるため二人で向かい合って2分程度自由に攻撃出し合い、技が決まった時点で審判が宣告し一定のポイントを先に取った方が勝ちとなる.ルールで行われます。

この場合技を極めるためには、技の正確性、スピード、相手が受けが取り切れていない事が認められる必要があります。

気を付けなければいけないのは反則を犯さない事で、相手にダメージの残るほどの加撃を与えない事、貫手の顔面攻撃の禁止、ローキックの禁止、強引な投げ技、長時間の組合い、股間への攻撃等があります。

自由組手ではルールを守って、安全にお互いに技を出し合う事を心がけなければならなりません。


2.組手における崩し技

まず相手と対峙した場合、間合いを取ってしっかり構えていると、不用意に相手に近づくことは容易ではありません。

当然、距離が縮まれは攻撃を与えるチャンスになるため、集中して相手の動きを見ているからであります。

いきなり技を仕掛けていってもカウンターをもらう可能性が高いことになります。

そのため、攻撃側が工夫すべきことは崩し技になります。

相手が体制を崩し技を働かせれば、自由に攻撃が可能になります。

状況によって崩しはいろいろな形があるが、一般的に使われるのが足払いであります。

自分から仕掛ける場合は、上段突きで相手の注意を上段に持っていき、自分の前足を滑らせるように前に出し、相手の前足を払うようにします。

相手のバランスが崩れたら上段突きで極めれは勝ちが取れます。

崩しとしての足払いのコツとしては相手も動いていた方がかかりやすくなります。

足払いも、相手の手足を払ったり、後退する足を引っかけたりいろいろな応用があるので実践してみましょう。

しっかり崩し技をマスターして上達すれば試合巧者になれます。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ