組手でのワンツーの使い方 | 空手が上達する練習メニュー

伝統派空手の組手でよく用いられる連続攻撃は上段突きのワンツーになります。

やはり、手技中心のボクシングでも基本攻撃の一つですね。

一撃だと、避けられて反撃されそうな時でも左右の突きが連続出来たら、すぐ反撃はしにくいですね。

空手の組手で突きを連続させる目的は、一撃目をフェイントとして相手を崩し、二撃目で極めるためでもあり、一撃目で効かして二撃目で倒すという場合もあると思われます。




ですから、フェイント+極めの突きだと得点はワンポイントですが二撃共取れれば、2ポイント獲得できますね。

最初は二撃目で極めるようにしながら、余裕が出てきたら、一撃目も取れるようにワンツーを上達させましょう。

また、ワンツーのバリエーションは、上段のワンツー(上段刻み突き+上段逆突き)だけではなく、上中のワンツー(上段刻み突き+中段逆突き)もあり、もっと進化させれば同じ手で上段+中段を連続で突くことも可能です。

組手のワンツーの突き方

まず空手のワンツーの基本である上段刻み突き+上段逆突きのコツをお話ししましょう。

組手で有効なワンツーを使いこなすには、まず足腰を強化しなければなりません。

最初の攻撃の時、大きく相手に飛び込むスピードがワンツーの成否のカギになるからです。

そのため、縄跳びで前後に動きながら飛んだり、高速に飛んだりして足や膝の強さを作り上げます。

次に、誰かに号令をかけてもらいイチ、ニで前に飛び込む練習をします。

最初は同じリズムでいいですが、慣れてきたら不定期に号令をかけてもらいます。

これにより、攻撃の瞬間の瞬発力や反射神経が養えます。

次に上半身ですが、その場で平行立ちの状態で連続で早く突きを出す練習を行います。

息が上がるまで突き続けますと、持久力が付き試合の中でこの瞬間攻撃するといった時に体が瞬時に動かせるようになります。

仕上げは、相手にパンチングミット等を持ってもらい、動いている相手に軽くでいいので突きを当て続ける練習で距離感と正確な突きが身に付き上達します。

相手に前後左右に動いてもらい、パンチングミットも自在に動かしてもらう事で高速で正確につく強い武器としてのワンツーが鍛えられます。

ワンツーは空手の組手の基本技ですから、体に覚え込ませていつでも技が出るようにしておきましょう。

突き終わったら終わりではなく、突きに入る場合、突き終わった場合でもフットークを使い体を動かして、相手の反撃から身をかわす練習も身に付けましょう。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ