空手初心者の大人が上達する練習メニュー

空手を大人になってからはじめようとするだけでも立派な心得です。千里の道も一歩から、焦らずコツコツ練習していくのが上達の一番のコツです。どんな達人も最初は初心者です。頑張って行きましょう


1.大人とは?

何歳から大人というのかという問題がありますが、高校卒業後と考えていいかと思います。




また、大人といっても、スポーツ少年団でサッカーをやっていたとか高校駅伝で都大路をめざしていた、といったスポーツをしっかりやっていた人と、学校時代は一貫して帰宅部で、趣味はコンピュータゲームという人では練習メニューは大きく変わってくるでしょう。

空手をしていく上で、何歳からやらなければダメだ、という規程はありません。しかしやり方には工夫が必要でしょう。


2.初心者とは?

空手をやったことのない人があらたに空手をはじめたら、いくら他のスポーツをやってきた、柔道は○段だといっても、みんな初心者です。

ただ、先に述べたように、空手をはじめるに当たっての基礎体力がなければ、まずそれをつけることが必要でしょう。

とはいえ、空手家をみておわかりのように(までみてない方もいらっしゃるかもしれませんが)、特に大柄だとか、筋肉隆々という人はあまりいません。

通常は中肉中背の普通の体型の方が多いと思います。ですから、日常生活が普通行える体力があればOKです。


3.空手初心者の大人が上達する練習メニュー

空手の身体の使い方を理解しましょう。同じ走るにしても、短距離と長距離では体の使い方が違います。

空手は一瞬の動きで、相手を制するという武道です。ですから、手を動かすにしても、足を動かすにして素早く動かす必要があります。

先にあげた例から言えば、空手は距離走と言えます。では、早く動かすための筋肉を鍛えるのが上達する練習メニューと言うことができますが,それだけではありません。

「技」という問題があります。早く身体を動かすにしても、正しいコースに沿って身体を動かさなくてなりません。そのため繰り返し繰り返し正しいコースになるための練習が必要です。

中高年初心者の場合は、ただむやみに身体を動かす、筋肉をめいっぱい、力一杯身体に負担をかけると、心臓に負担をかけたり、血圧を上昇させ動脈硬化性疾患等があれば、血管切れるという危険も伴いますので,まずはゆっくりと身体を動かす動作を繰り返し、正しく動作ができるようなったら、また身体が暖まり、慣れてきたら、何回か力を入れた練習を2、3回行うというスタイルをおすすめします。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ