空手が上達するコンビネーションの練習方法

空手を練習するなかで皆さんが目指すのは、組手の上達ではないでしょうか?組手はただ闇雲に突きや蹴りを繰り出せば良いというものではありません。

ここでは全空連ルールでのコンビネーションのヒントになる方法をお伝えします。必殺技ではありません、念のため。


1. 技を決める

誰しも「得意な技」があると思います。この「得意な技」を決め技にして、組手の中でどのように活用していけばよいのかを考えます。


2. 間合いを決める

「得意な技」が有効になるような間合いです。どんなに良い攻撃でも、空振りやポイントを取ってもらえなければ意味がありません。




自分の技が有効になる範囲を把握し、相手とどのくらいの距離をとって技を繰り出すのが良いのかをしっかりと覚えます。

このために必要な練習は対人であればそれに越した事は無いのですが、無理なようならサンドバッグや巻き藁などでもOKです。

かならず「当てる」練習をしましょう。自分の攻撃がちゃんと当たるのかどうかの距離を覚えることが重要です。


3. 技と技をつなぐ

得意な技と間合いを知ったら、決定打を繰り出すための瞬間を作る練習をします。

対戦相手はいきなり自分の得意な技を打たせてはくれないでしょう。

そのためにどんな技でつなげば良いのかを考えます。


1. 得意技が上段突きの場合

空手の上段の突きは飛び込んで打つ、というのがほとんどです。かなり遠い間合いから飛び込む必要があります。

飛び込んだ瞬間、カウンターで攻撃を受ける危険性も伴います。

相手が突きをしてきた場合、蹴りをしてきた場合を考えて手技や足技を考える必要があります。


2. 得意技が中段突きの場合

空手の中段の突きはポイントが取りづらく、また審判からは見えづらい箇所です。

それなりに近い間合いで攻撃できる箇所なので、体が大きな相手には有効な攻撃と言えるでしょう。

相手の中段をがら空きに出来るいくつかの技を経て攻撃するのがポイントです。


3. 得意技が上段蹴りの場合

若い選手になりますと、上段の蹴りが得意技だ、という方が多くいると思います。

体の柔軟性を高めておくと近距離から上段の蹴りを繰り出すことができ、ポイントも取りやすいので有効な技と言えます。

上段蹴りを決めるためには、相手の上段が空いていること、足を上げるモーションを素早くすることが必要です。

モーションだけでかわされる場合がありますので、ワンツー・上段といったコンビネーションの場合、一呼吸の間もおかずに攻撃しなければなりません。


4. 得意技が中段突きの場合

中段の蹴りは決まりづらいと思います。ほぼブロックされるからです。それでも決めたいと思うのなら、ブロックを外すよう仕向ける技を出します。

蹴りはモーションで見破られる可能性が高いので、技と技の間を置かず、一瞬で決めることが重要です。


4.おわりに

コンビネーションの練習には、想像力を働かせることが大事です。得意技だけを繰り出しても上達しませんし、試合で勝つこともできません。

逆に「これしかできない人」と認識され、得意技を封じられてしまう可能性すらあります。

コンビネーションを豊富に持つためには、普段の基礎練習を甘んじてはいけません。基礎練習あってこその応用です。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ