自宅でできる空手の練習方法


1.空手を自宅で練習していく方法について、考えてみましょう

通常、空手の練習は専用道場で行うのが一番良いのでしょうが、大都市で道場経営がしっかりしているところを除けば、多くのところで公共施設の体育館や児童館、ホールなどを借用して行っているのが実態です。

そこでは空手の他にも他のスポーツも行われており、空手を練習していく環境は決して良いものではありません。自宅においても同様でさまざまな条件がありますが、そこで練習していくことは、意味のあることだと思います。





2.どんな空手をめざすのか?

空手といってもさまざまなものがあります。大きくいって直接打撃を行う、フルコンタクト(通称・フルコン)。直接打撃を禁じているノンコンタクト(通称・伝統派)。

その中でも、オリンピック種目になることをめざして、ゲーム化を推し進める「スポーツ空手」もあります。フルコンの場合は当てられてもOKなので、さながら痛みに耐える我慢大会のように見えます。

こうなれば、どれだけ痛みに耐えられるかというボディトレーニングが必要となります。

伝統派の場合、特にスポーツ空手と称するものは、相手の身体の有効ポイントにタッチすることで得点になるため、いかに早い突き蹴りを繰り出すか、また相手の攻撃をかわすかが重要になり素早い動きが求められます。

したがって、「どんな空手をめざすのか」によって自宅での練習方法も大きく変わってくると思います。

また、空手を試合の勝ち負けに求めるのではなく、自己の精神的支柱にしたい、護身の術として身につけたいとなれば、また一段と違った練習方法となるでしょう。


3.練習方法はさまざま

空手の練習を自宅で行う場合、前述の通り大きな違いがあります。個人でテキストか何かをみて行うというのは少しむずかしいかもしれません。

まずは、きちんとした道場に入門し、そこで指導者に指導を受け、その中から復習をしていくという自宅練習方法になると思います。道場で受けた指導内容をノートに取りそれを元に練習計画を立て行うので良いでしょう。

それと、空手をしていく上での基礎体力アップをしていく、筋力の強化、持久力の向上、バランス力をつけるなど、スポーツ全般に当てはまる体力アップ・身体づくりも貴重なトレーニングと言えます。

自分の年齢や体力、経験等、実態に合わせ取り組んでいきましょう。


4.自宅の環境

次に、自宅で空手の練習をしていく上で、自宅の環境問題があります。あまり普請の良くないアパートではドシドシと音を立てた練習はできないでしょう。

また、勤務時間といった条件もあります。残業がおわってやっと練習だといっても深夜や早朝では近所迷惑になってしまいます。工夫が必要となってきます。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ