空手が上達する呼吸法

空手では、技を覚えて相手にかける、組手で相手と戦う、という前にしっかりと覚えておきたいことがあります。

それは「呼吸法」であり、それを身体に覚えこませて馴染ませることで、真の武術としての空手が出来上がるといっても過言ではありません。

空手で使われている呼吸法は、丹田という部分をコントロールすることで完成し、またこれが完成すれば戦いのさなかにおいて心の静寂と冷静を手に入れることもできると言われています。





空手の呼吸法とは

空手が上達するために覚えておきたい呼吸法は、内気呼吸法と外気呼吸法です。

この二つは、武術をたしなむものには当然知っておいて欲しいものとなります。

一般的には外気呼吸法は武術に使われるとされるものであり、エネルギーの放出に使われます。

それに内気呼吸法を組み合わせることによって、内なるエネルギーを十分に蓄えた上でより効果的にエネルギーを技に与えることができると考えられています。

この二つの呼吸法を習得することで、体内のエネルギーを自在にコントロールすることができるのです。


空手の呼吸法を実践する

空手の呼吸法を実践する上では、まずは基本となる内気呼吸法を会得するのが良いでしょう。

基本的にはどちらも腹式呼吸を元にしたものですが、体内にエネルギーをめぐらせる内気呼吸法があってこその外気呼吸法となります。

内気呼吸法では、ゆったりとした姿勢で立ち、下腹部を膨らませるように息を吸います。

吐く時もゆったりと静かな呼吸を心がけて、自然体で行います。

心が落ち着き、周りの景色が見えるようになってきたら、外気呼吸法へと進みましょう。

外気呼吸法では、内気呼吸法で吸った息を短く鋭く吐きます。

内気呼吸で蓄えた息を相手にぶつけるかのように奥底から吐き出すようにすることが大切です。


空手の呼吸法の注意点

空手の呼吸法では、技との兼ね合いが重要となります。

技を出すタイミングでは、息は鋭く吐くことが基本です。

また近距離での技は短く吐き、遠い場合には長めに、さらに連続技では一呼吸の間に技を繰り出します。

息を止めて技を出す場合には、必ずその後は息を吐くようにします。

息を吸うことでその後の動作に小さな間を生じさせて、相手に隙を与えてしまうことがあるためです。

空手では自分の呼吸を知り、コントロールすることが大切ですが、相手に読まれないようにすることも大切になるでしょう。

呼吸を知られるということは、相手に自分の技のタイミングを知られ、さらに隙を見せることになるためです。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ