膝の練習方法|空手の上達法

空手の中で膝を使って攻撃や受けをすることはありますが、実際の試合で使える人はあまりいないでしょうし、使おうと思う人も少ないでしょう。

それはなぜかというと膝の使い方は難しいからです。

そこで今回は「膝の練習方法|空手の上達法」をテーマに膝の有効な使い方や練習方法を紹介して皆さんの上達の助けにしていきます。


1膝の有効な使い方

まずは膝を実戦で使うためにはどう使うかを理解することが大事です。




膝の一般的な使い方は膝蹴りなどでしょうが、使い方のわかる方は受けで膝を使うことが多いです。

受けの膝とは代表的なのが下段蹴りに対して膝でガードして体勢を崩さないようにすることでしょう。

他にも前蹴りを膝で受け流したり、高等な技術では蹴り足を膝と肘で挟むようにして受けてダメージを与えつつガードをするやり方があります。

このような受けの膝を使えれば試合での優位性は増しますし、空手の上級者としての自信も着くでしょう。


2.膝の練習方法

では次に膝の使い方を鍛えるための練習方法を紹介していきます。

膝の使い方のコツは如何に相手の隙をついて攻めるかと相手の動きを読んで如何に受けるかです。

その感覚を覚える為には実際の組手形式で練習をしていって、膝を使っていくことです。

相手の攻撃を膝で受けるように意識して組手をして、相手の隙を狙って近距離からの膝蹴りを打ってみることが大事です。

近距離の膝蹴りでも下から打ち上げるように膝蹴りを出したり、横から打ち付けるように膝蹴りを出したりと色々な角度から膝を使っていくことが上達のコツでしょう。

この練習の時に注意してほしいところは膝蹴りはしっかりと打つ場所を狙わないと反則行為になることがあることです。

よく間違えやすいのがみぞおちを狙うつもりが金的に当たってしまったり腰骨に当たってしまうことがあります。

これは膝がしっかりと上がってないまま打っているためにポイントがずれてしまうのです。

しっかりと膝を上げて狙った場所に当てられるように練習しましょう。

また膝で狙う場所でおススメなのがみぞおちと、顎です。

みぞおちは斜め上に打ち込むようにして膝蹴りを出すといいでしょう。

顎はポイントが小さいために難しいですが、下から打ち上げるようにして打つと効果的でしょう。

膝蹴りは普段の試合中に多用する技ではありませんが、ここぞというときに使えると非常に効果的で便利な技ですので今回の紹介を参考にしっかりと練習して上達させてください。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ