空手家が鍛えたい筋肉|空手の上達法

空手を長くやってきて基礎の動きを覚えてくると試合に勝ちたいという思いが生まれてくると思います。

組手や演武などには基本的に体力は必要不可欠です。

いくら技を磨こうと身体がしっかりと作れていないとその磨いた技を活かすことが出来ないからです。

そこで今回は「空手家が鍛えたい筋肉|空手の上達法」をテーマに空手に必要な筋肉と身体の部位を紹介していきたいと思います。





1.空手に必要な筋肉

まずは空手に必要な筋肉・部位を紹介していきたいと思います。

空手の技を活かすためには手首・足首の強さが大事です。

この手首と足首の強さで突きと蹴りの威力や、素早いフットワークが出来るかが決まるからです。

手首と足首を鍛えるためには普通の筋トレだけでは無理です。

筋トレの動きの中に捻りを取り入れることが大事です。

捻りを加えることで手首・足首に負荷がかかるのでピンポイントで強化できるのです。

次に必要な筋肉が下半身全般の筋肉です。

これは足腰の強さが安定した突き・蹴りを出せるからです。

下半身の筋肉を鍛えるためにはしっかりとした走り込みが効果的です。

走ることで足腰が鍛えられ、持久力もつけることが出来るからです。

この下半身の筋肉を強化することを苦手とする人はたくさんいると思います。

やはり走り込みはきついと感じる人が多く疎かになりがちです。

ですがここでしっかりと走りこんでおけばやらなかった人とは上達に圧倒的な差が出ますのできついのを耐えて強化に励んでもらいたいものです。

下半身の筋肉が大事だと言いましたが上半身の筋肉も必要です。

特に広背筋を鍛えることで突きの基礎的な威力が上がるのでしっかりと鍛えることが大事です。

広背筋の鍛え方は何かを振り下ろす動きをすることで鍛えることが出来ます。

有名なのが薪割りをすることで広背筋が鍛えられますが、中々薪割りを普段やることは無いでしょうから木刀や練習スペースがあれば物干し竿なんかを振るのもいいでしょう。

この時の注意点がただ振り下ろすだけでは効果的ではないことです。

振り下ろしたらしっかりと胸の高さで止めることです。

しっかりと止めることにより筋肉に負荷がかかるので広背筋が鍛えられるのです。

上半身と下半身の筋肉はバランスよく鍛えないと効果があまりないので両方の筋トレをしっかりと考えながら練習することが大事です。

空手が上達するためには技術も大切ですが身体能力も必要不可欠なので武道の考えにある「心・技・体」を理解して練習を頑張ってください。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ