空手が上達する一人練習のやり方

空手の練習をする際に一人で練習したほうが集中して出来る場合があります。

そこで今回は「空手が上達する一人練習のやり方」を紹介したいと思います。


1.集中的にやるためには?

一人練習の一番の利点は周りに誰もいないので集中して自分がやりたい空手の練習が出来ることです。

ですが周りに誰もいないことが一番の欠点にもなりかねないのです。




その理由が、誰もいないから楽をしようと考えてしまうのが人間ですので、そこを如何に律して空手の練習を行えるかが一人練習の成功の鍵です。

ではどうすれば甘えを捨て集中して練習できるのでしょうか?


2.練習する前に決めること

集中して練習をするためには、まず最初に目的を決めましょう。

目的はどんなものでも大丈夫です。「蹴りをもっと上手くしたい」などのざっくりとしたものでも、「空手の型のこの部分をもっと精度を上げたい」などのピンポイントなものでも大丈夫です。

目的が決まったらそれを達成できるための練習を考えます。

蹴りを上手にしたいならしっかりとした蹴り足を作る、型の精度を上げるならその型を再確認しながらやりこむなど、達成に必要な練習を自分で決めてください。

そして練習する時間を決めてください。

ダラダラといつまでもやっていても意味がありません。一時間なら一時間きっちりとやって終わりにします。

「目的」「そのための練習内容」「練習する時間」この三つが決まったらようやく一人練習を開始します。


3.成果を確認しよう

練習前に決めた内容を終えたら最後に成果を確認しましょう。

蹴り足はしっかりと作れているか?型の精度は上がったか?最後に確認してみてください。

すごく成果を感じたという人、少しだけ成果を感じた人、全く成果を感じなかった人、感じ方は人それぞれだったと思います。

成果を感じた人はその練習方法が自分に合ったやり方だったのでしょうし、成果を感じて嬉しいでしょう。

では成果を感じなかった人は何が問題だったのか?それを自分で考え、反省するべきところは反省をし、違う練習方法のほうが良かったのか?と思ったのならそれを次に活かすべきです。

失敗はそのまま放っておけばただの失敗でしかありません。

しかし次に活かそうと思えば失敗ではありません。成功の源になりえるのです。

空手もそうですが、練習が必要なもの全てにいえることで上達に必要な要素は「自分で考えること」「失敗を次に活かす気持ち」なのです。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ