正拳突きの練習方法|空手の上達法

空手の技の中で一番有名な技といえば、正拳突きですが、では正拳突きをもっと上達させて打つようにするにはどんな練習をしたらいいのでしょうか?

そこで今回は「正拳突きの練習方法|空手の上達法」として上達が早くなる練習方法を紹介しましょう。


1.拳の握りに気を付けよう

まず練習方法を紹介する前に正拳突きの握り方をしっかりと理解しているでしょうか?

拳の握り方は初歩中の初歩です。




しかし初歩なだけに慣れてくると身体に染み付かないうちに間違えて覚えてしまうことがあります。

また初歩をしっかりと習っていないとその時点で空手の正拳突きではなくなってしまっているので注意してください。

拳の握り方は以下のとおりです。

①手を開いた状態にします。

②小指から順に手の平に指が着くように折りたたんでいきます。

③人差し指まで折りたたんだら親指で四本の指をしっかりと押さえるようにします。

これが正しい正拳の握り方です。

しっかりとこの握り方を覚えて身体に染み込ませましょう。


2.正拳突きの練習方法

それでは正拳突きを上達させるために効果的な練習方法を紹介しましょう。

①両足を四股を踏むように大きく開いてください。この時両足は内側に八の字を書くように閉じてください。

②左手を順手で前に出し、右手を逆手で脇に引いてください。この時の両手はしっかりと正拳の握りであることを意識しましょう。両腕共にしっかりと脇を締めて上半身に隙間が出来ないようにしましょう。

③「1」の掛け声をかけ、左手を脇に引き込むと同時に右手を左手と同じように前に出します。この時に左手は脇に引き込みながら手を逆手にして、右手は突きを出す過程で逆手から順手に絞り込むように変えていってください。

④あとは「2」「3」・・と掛け声のたびに同じ動きをするだけです。回数は50回位を目安にやりましょう。最初のうちはゆっくり握り方や、隙間が出来ていないかを確かめながらやりましょう。

正拳突きは空手の突きの基本要素が全て詰まっており、他の突きや技にも含まれる理念などが入っています。

そのため正拳突きをしっかり打てるかは、基本中の基本であり何十年空手をやっていようが関係なく必要になるものです。

そして正しい正拳突きは最初にしっかりと覚えておかないと、年数が経ったときに直そうとしても間違った握り方が染み付いてしまうとなかなか直せません。

ですので習いたてのかたは今のうちにしっかりと基礎を身につけて、練習を重ねていってください。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ