組手のコツ/空手が上達する練習メニュー

組手とは間合いの勝負です。自分の技を十分知り、相手の技を推測し、相手の攻撃を避け、自分の技を極める。これが空手の組手と言えます


1.間合いをつかむ練習

空手を習って最初に行う組手は「約束組手」だと思います。定まった間合い(距離)から自分の攻撃技の届く、射程距離をつかみます。

例えば、この間合いなら小さな踏み込みで自分の逆突きは届くな、この間合いなら大きく踏み込まないと届かないな。といった感覚をつかむのです。




これがコツといえるかも知れません。そのためには、自分の歩幅と技の関係を正しく知る必要があります。2人向き合って行う五本組手を一番最初に習うと思いますが、これが間合いを知っていく上で大切です。

最初に習うものですから、初歩的なものと見なし、中級者になるとこの練習を軽視する傾向がありますが、実はこれが大事な練習メニューです。

これは、右攻撃も左攻撃もあり、防御側に回った時に相手の踏み込み、技をかけるときにクセ、例えば突きを出すときに肩が揺れる、拳を握りかえす、膝が揺れる等を観察する力を養います。

こうした基本五本組手を十分に行い、組手の攻防一体を学ぶ一本組手とすすみ、間合い自由の自由一本組手をこなしたあと、お互い攻防自由の自由組手へとすすむことが大切です。

ちょっとできるようになったからと自由組手にすすみ、それだけの練習メニューとなってしまわず、最初に習う約束組手を適宜組み入れるのがコツといえます。


2.自由組手の練習

約束組手を十分行ったあと自由組手に入りますが、試合形式の練習に入ると、にらみ合いの時間がおおく、時間を取った割に技を繰り出していなかったとこがあり効率的ない場合が多々あります。

そこで、技や回数を決めてお互いに技を極め合うという方法があります。

攻撃側が「左上段刻み突+右中段逆突」を踏み込み2回で行うとしたら、防御・反撃側が、上段攻撃時に寄り足で避け、中段逆突きを左の下段払いで防いだあと、右中段突きで反撃するという、申し合わせを決め繰り返し練習します。

こうした申し合わせの種類をたくさん作り練習し、その後はどのパターンがくるからは伏せて、攻撃、反撃、最反撃といった練習をしていくと効果的な練習となります。


3.間合いを制したものが勝ち

先に述べたように、空手の組手は間合いをしていたものが勝利を納めます。間合いをじりじり詰めるのか、一気に詰めるのか、また相手の間合いを切っていくのが勝負の決め手となります。

いくら一撃必殺の技を持っていても、相手に届かなくてはなんの効果も得られません。間合いは足の進め方、もどし方、歩幅の持ち方がポイント・勝利へのコツをつかむこととなります。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ