後ろ蹴りのやり方とコツ/空手が上達する練習メニュー

後ろ蹴りも空手発祥を性格づける技の1つといえます。顔を正面に対峙していても後ろから近づく敵を察知して、一瞬にして後方に蹴りを繰り出して身を守るものです。

また、回転する力を活用して一段と蹴りを威力のある技として使用する場合もあります。蹴りの基本である、かいこみと揚げ足、引き足のスピードが求められます。

また、片足立ちをしっかりとキープすることが求められる蹴りです。





1.その場で自然立ちから

まず最初に自然立ちからの練習メニューで行いましょう。
空手の場合、自然立ちから前に蹴れば前蹴り、横に蹴れば横蹴り、後ろに蹴れば後ろ蹴りとなります。後ろに蹴るためバランスを取るのが難しい蹴りとなります。

コツはしっかりと目標を定めること、視線を目標におきます。これも、前蹴り、横蹴り(足刀蹴り)と同様にかいこみをしっかりと胸前に取ります。

そこから、体制はそのままで顔を振り向き目標に蹴り出します。蹴る部位は足刀の下の部分から踵にかけたところになります。

蹴り終わったら、他の蹴り同様に引き足を最初に抱え込んだ位置まで戻し、床に置きます。状態のブレを小さくして行います。特に左右のブレが無いように注意してください。


2.前屈立ちからの練習

前屈立ちになり、前足を軸にし前足側に身体を振り正面に対し背中を向け、後ろ蹴りを繰り出します。蹴り終わったら、引き足をしっかりとって、身体を回転させもとに戻ります。

ポイントはしっかりと軸足(前屈の前足)に重心を乗せ、蹴り出したあと引き足を取って1本の棒のように身体を使うことです。


3.前屈立ちでの移動

前屈立ちから身体を回転させ後ろ蹴りを行ったあと、引き足をしっかり取って、その足を次の前屈立ちの前足として前進する技です。

ちょっと難しいですが、これまでの蹴り技に回転力が加わるので威力のある蹴りができます。

数ある空手の蹴り技の中では難しい技ですので、特に時間をかけゆっくりゆっくり行うことが大切です。

後ろ足と前足の関係、間合いの取り方などをこの練習で習得することが大切です。しっかり体得すると大きな決め技となります。


4.いろいろなバージョンを

自由組手の中で何回も使える技ではありませんが、ここ一番で意表を突いた技として覚えておくと有効な技です。

防御では大きく退いたあとに繰り出す、攻撃では回し蹴りを外してしまったあとの起死回生の技となる場合がありますので、さまざまな場面を想定して練習しておくと良いでしょう。

こうした技はしっかりした基本ができて完成するものですので、これだけを練習メニューとすることはお勧めできません。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ