足刀蹴りのやり方とコツ/空手が上達する練習メニュー

身体の真横に足刀をもって蹴り出すもので、空手らしい全身を使って攻防を行う武道の特徴のひとつと言えます。

空手の発祥である武器を持たない民衆が敵に囲まれ攻撃されたときに、正面の敵に対峙しつつも、横からの攻撃に一瞬で対応できる技です。


1.自然体・閉足建ちからの練習

足刀蹴りには2種類の蹴りがあります。1つは蹴上げ、もう1つは蹴込みです。違いは、蹴上げは相手の防御の手を払ったり、襲いかかろうとしている出会いを制したりするものです。




蹴込みは、相手の急所めがけてとどめを刺すような力強い蹴りです。違いは足を抱え込む位置、蹴りのコース、筋力の使い方等にあります。

蹴上げは、自然体・閉足で足をかいこんだときに前蹴りのように身体の真ん前でなく、45度ほど開いた状態で確保し、足が上がっていった方向に足を開くように蹴りを繰り出し、その反動で足をかいこんだ位置に戻します。

蹴込みは、前蹴りと同じ位置に足をかいこみ、真横に足を伸ばし足刀を相手に突き刺すようにします。引き足はしっかり引き抜くようにしてもとの位置に戻します。

両方とも挙動に合わせて分解してしっかり練習しましょう。

蹴上げの場合は1で膝をかいこみ、2でスナップをきかせ膝を基点に足を下から蹴り上げ、かいこんだ位置に戻し、3で床につけます。

蹴込みは、1で膝をかいこみ、2で足刀で蹴り込み、3でかいこんだ位置に戻し、4で足を床に下ろします。

前蹴り同様に練習メニューでは分解、連続でしっかり練習しましょう。注意点としては、蹴るときにその方向に腰が向いてしまうことがあります。

あくまでも腰をはじめ身体は正面を向き蹴りだけを横に繰り出すようにします。


2.騎馬立ちでの練習

その場に立ったままでの練習ができるようになったら、腰を落とした騎馬立ちから足刀横蹴りができるようにしましょう。

最初は自然体・閉足立ちから蹴り出したあとに、しっかり腰を落とした、空手の基本的立ち方の一つである騎馬立ちになるところから練習を開始してください。


3.移動練習

次の練習メニューは、騎馬立ちから足を交差して横移動する中で足刀蹴りを繰り出す練習に入ります。

はじめは、騎馬立ち、交差立ち、騎馬立ちと移動できるようになってください。これも他の立ち方、移動と同じように事の起こりがでないように注意してください。

騎馬立ちから交差立ちになるときに足をかいこみ次の騎馬立ちになるあいだに足刀蹴りを放って元に戻し騎馬立ちになって前進する技です。

ちょっと難しいですから、ゆっくりと何度も繰り返し繰り返し練習をしてください。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ