空手の横蹴りが上達する練習メニュー

横蹴りはサイドキックとも呼ばれ、空手の様な武道において基本的な技のひとつです。

格闘技の試合ではあまり見かけませんが、実戦においては重要な技です。

武道空手として必ず上達して欲しい技です。

ここでは横蹴りの練習方法についてまとめました。


1.横蹴りってどんな技?

空手の横蹴りは、側面にいる相手を蹴る技です。

正面切って戦っている相手には、自分の側面を見せてから蹴る準備動作が入ります。

軸足と逆足の距離を縮め、脚をたたんでから蹴りを放ちます。

この時、手の動きも同じく外側に動きます。




横蹴りは足刀で蹴る場合と踵で蹴る場合があります。

相手を押し出す目的の場合は足の裏全体で蹴ります。

横蹴りは、格闘技の試合ではあまりみかけませんね。

突きや回し蹴りとのコンビネーションに組み込むことが難しいのです。

それに、側面を見せてしまう点や足の戻りが遅い点から技の後に隙ができてしまうためです。

また、護身術や空手の様な武道では必ず練習をする技です。

それは、横蹴りが格闘技の試合よりは護身術的使用に向いているからです。

側面にいる相手をとっさに蹴る横蹴りは、相手が複数人の時や、不意に襲われた際に価値を発揮します。

また、相手に対して横向きになるため、体の急所を刃物などから守れるという長所もあります。

さらに、自分よりずっと身長の高い相手と戦う時には非常に使いやすいのです。

その場合はジャブのように距離をはかってけん制するために使います。

とても背の高い相手にはリーチの長い脚でけん制をするのが適しているのです。

しかし、格闘技では体重制があるので、自分より体格のいい相手とは戦いません。

以上の事から、格闘技よりは護身術や空手の様な武道に向いている技なのです。

中国拳法やテコンドー試合ではよく見かけます。

ブルースリーが横蹴りの形を保ったまま長時間体を動かさない練習をしている場面も印象的ですね。


2,横蹴りの練習方法

横蹴りは、格闘技においてあまり練習する選手がいないため、それほど注目されていません。

しかし腰の入った横蹴りが脇腹に入れば、相手のあばら骨をへし折る威力を持ちます。

先に述べた通り、体格の大きい相手にも使いやすい技です。

横蹴りは技の中で、最もリーチの長い技です。

横蹴りは避けられると大きな隙を残してしまう技ですから、基本は素早くけん制に使いましょう。

回し蹴りと見せかけての横蹴りなど、フェイントを入れるとより実戦的に落とし込むことができます。

蹴りの中にコンビネーションとして組み込んでみたり、フェイントと合わせてみたり、空手道場での組手の練習の中で上達させてください。

横蹴りは、相手の膝関節、脇腹、みぞおち、喉、顎、顎より上の顔面と様々な箇所を狙うことができます。

より上方を蹴る練習や、ピンポイントで的を狙う練習などもしてみましょう。

練習を積み上達させていないと狙うのが難しい技です、最初はミットやサンドバッグの中心部分を狙えるように練習をすることから始めましょう。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ