足刀蹴りの受け方 | 空手が上達する練習メニュー

空手の足刀蹴りは他の蹴りに比べて、蹴りの距離が長くとれるのがポイントで足の外側の足刀部で刈り込むように蹴る蹴りです。

半身の構えから腰を入れて蹴るため、連続攻撃というよりは極めの攻撃に使われます。

相手の攻撃に対してカウンターとしても使え、半身になっているので反撃も受けにくいのが足刀蹴りです。

相手の上段突きを体を後ろにそらすことによって躱し、足刀蹴りをカウンターとして使うのは有効な攻撃になれます。




突きへの躱しと攻撃が一体になっていて、相手と距離が取れる為相手も次の攻撃が仕掛けにくくなります。

この足刀蹴りを、使えこなせれば、攻撃に多様性が出て空手が上達します。


1.足刀蹴りの蹴り方のポイント

効果的な蹴り技である「足刀蹴り」を説明します。

1.八字立ちから横を向き、蹴る方向にまず軸足を前に出し足を交差させます。

2.蹴上と違って膝は体の前に上げます。

3.腰を入れて水平に足刀を作って強く横に蹴り出します。

4.その場合に体重は前足です。

5.相手を追い込んで最後の極めの攻撃に使えます。

6.相手が反撃しようとしていても、正面にいる限りはカウンターで蹴りを極められます。

膝を抱え込んだ状態で、相手の動きを見てタイミングを合わせることがポイントです。

足刀蹴りをうまく蹴るには、大きく踏み込んで、蹴るときに踵が上向きになるくらい腰を入れると強力な蹴りになります。

それが空手の足刀蹴りの上達の方法になります。


2.横蹴りの受け方

空手の中段足刀蹴りの受け方の説明をしましょう。

中段に対する受けは基本的に使えますが、強力な蹴りなので今回は中段外受けを使います。

外受けの基本として受けた後に相手の背中側に回れるように蹴り足をはじきます。

そこからは自在に反撃ができる体制をとります。

足刀蹴りの受けのポイントは、相手が横蹴りの蹴り込み時に腰を入れてくると、思ったより蹴りが伸びてきますので距離感をうまくとって、確実に受けを行います。

受けが甘いと逆に自分が弾き飛ばされてしまいますので、単に腕だけで受けないようにしましょう。

足刀蹴りは、正面から受けないで左右に回り込んで、距離を縮め反撃ができる体制を作りましょう。

その場合でも、ただ受けるだけでは進展がありませんので、相手の背中側に回り込む様にしましょう。

それが出来れば、相手は敵を見失って慌てますので、自在に反撃が可能になります。

実際に約束組手等で十分に蹴ってもらい、確実な受けと反撃を身に着けることが上達のポイントです。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ