追い突きの受け方 | 空手が上達する練習メニュー

元来空手の技は例え武器の持っている相手でも、遠い間合いから一気に飛び込んで力強い一撃必殺の突きを決めるものでした。

そのため、追い突きはそれを具現するために行う、最も空手らしい突きともいえると思われます。

相手との間合いを一気に詰めるための脚力、突きを一発で決める破壊力を鍛えることにより、素晴らしい追い突きが実現でき、空手の上達に繋がります。


1.追い突きのポイント

追い突きとは構えたときの後ろ足を前に出し同じ側の拳で突く技ですから、構えた位置から大きく一歩手前に出て突きを極める技になります。




場合によっては大きく飛び込んで突きを極めるのですが、相手側はどの距離から相手が突いてくるが読みづらく緊張を強いられることになります。

ポイントはいかに円滑に動けるかという事になり、足さばきも遅かったり、上下左右にふらついたのでは、正しい突きが決められません。

後ろ足を踏み出し際でも、頭の高さ位置が変わらないようにしないと、相手に動きが読まれてしまいます。

肩の動き、足が開く等の余計な動きを最大限に抑えて、いつの間にか相手の懐に入っているような動きが出来れば最高でしょう。

動き出しの時は、後ろ足の蹴り足が重要で、遠い間合いを高速で移動するためには足の強さと腰の回転、肩の押し出し突きの速さが全て一連となって一動作で行えることが必要です。

一定の動きを円滑に行うためには繰り返しの練習が必要で、動きに必要な筋肉が突き、タイミングも体に覚えこますことが出来ます。

ある程度形が出来たら次はスピードを付ける事です。

最初はゆっくりの足運びから徐々にスピードを上げていきスピードの載った正しい形の突きができる様にしていきましょう。


2.追い突きの受け方

空手の追い突きにも上段突きと中段突きがありますので、それぞれの受け方を説明します。

二人で組んだ約束組手でも練習すると思いますがその手順を書いていきます。

まず上段の追い突きと受けです。

1.攻撃側は左足前の前屈立ちで追い突きが出来る体制を取り、受け手は八字立ちで自然体に構えます。

2.攻撃側が右手の追い突きを上段に仕掛けますと、受け手側が右足を下げて左手で上段上げ受けで受けます。

3.受け手側は右手で中段突きを極めます。

次に中段の追い突きです。

1.攻撃側は左足前の前屈立ちで、受け手側はハ字立ちで自然体に構えます。

2.攻撃側が右手の追い突きを中段に仕掛けますと、受け手側は右足を下げて中段外受けをします。

3.受け手側は上段に突きを極めます。

これが基本の組手になりますが、受け技をいろいろ変えて工夫してみるのもいいでしょう。しっかりした受けが出来れば上達と自信につながりますよ。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ