下突きの受け方 | 空手が上達する練習メニュー

空手の下突きは現在フルコンタクト空手の試合でよく使われますね。フルコンタクト空手は接近戦が多いため近場で使いやすいローキック組み合わせた下突きが多くなりますね。

伝統派空手の場合は試合ではほとんど使用されず、型の中に少し散見されるようなものですね。

ただ護身とした場合は、下突きの受け方は大変重要な意味を持つと思われます。

いきなり道で暴漢に襲われ、相手が胸ぐらをつかんで来たら距離は取れませんね。




腹を殴ってきたらどう反撃するか、殴るではなく刃物を突いてきたらどうするのか。

普段から練習しないと防ぐことはできませんね。

下突きも距離が近いと突きのスピードを付けにくく威力を出しにくいため、上達するには相当の練習が必要になります。


1.下突きのポイント

下突きの形はどのようなものでしょうか。下段突きとは違いますが初心者の方には解りづらいと思われます。

イメージ的には山突き(両手突き)という突きがあるのですが、これは上段と中段を同時につく突きで型の中にも出てきますね。

これの中段を突く突き側が下突きの形ではないでしょうか。

近距離で拳の甲を下に向けたまま、回転させずに突きこみます。

フルコンタクト空手では、これを連打して相手を押し込みローキックや膝蹴りを組み合わせますね。

拳を回転させないため、肘を曲げた状態から腰の回転で打つと威力のある下突きが出来ます。

中段よりも低くなりますから、相手の下腹部や相手の側面に回って脇腹に突き込む形が有効でしょう。

相手が胸の前に腕をクロスさせてガードしている場合などは横に移動して脇腹の肝臓の上を打つのが有効となります。

この突きは距離が近いため受けが取りにくいですが、反撃ももらう可能性もありますね。

突きこんだら次の攻撃に移るか、距離を取って反撃されないようにし、相手の状況を確認しましょう。


2.下突きの受けについて

下突きの受け方としては、やはり下段受けになるでしょうか。

短く打つ技ですので、肘でブロックするような形になるのもよいと思われます。

近距離で体ごとぶつかる様に突いてくるでしょうから、体捌きでかわして距離を取り反撃するのが有効と思われますが、体捌きが出来ない状況では下段払いを使います。

重い突きなので、思い切り打ち落とす様に腕で打ち払い、相手が連続で攻撃を続けられないように早い突きを返しましょう。

相手は下段に集中していますから上段に突きを返すのも決まる可能性が高いと思われます。

上達のコツは普段から接近戦を想定した体捌きと受けを繰り返し練習しておくことです。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ