上段受けのやり方とコツ/空手が上達する練習メニュー

空手の上段受けとは、上段攻撃に対して防御ということになります。上段に対しては基本的に揚げ受けを練習します。

上段横受けとして、外受け、内受けをしても構いませんが揚げ受けをしっかりできるようにすると良いと思います。

それは中段では外受け、内受けの練習はできますが、揚げ受けの練習ができないということがあります。

上段攻撃に対し揚げ受け(上段受け)を取ることは次の攻撃につながることからしっかり身につけたいものです。





1.揚げ受けは胸前でしっかり十字をつくって

これまで、空手の技を習得していく上での練習メニューは、コースをしっかりとして逸脱しないこと。

技のスタート地点と技が決まるゴール地点を把握してスタートとゴールを直線的に結ぶこと。

コースを逸脱せずに動かせるまでにはスピードを上げたり力を入れずに、何度も何度も繰り返し行い、しっかりできるようになってから、スピードと力を入れ最後に極めがとれるようにしていくことなどを述べてきましたがこれも同様です。

特に、成年から空手をはじめる場合は焦らずにやっていくことが大事です。

子どもの場合は遊びながら回数を重ねれば、大体それなりになっていきますが、成人の場合は時間がありませんし頭で理解できますから、要所要所を言葉で覚えて自分でコースを確認して練習をしていくと良いと思います。

揚げ受け(上段受け)の場合、スタート地点は引き手を取った場所、脇腹に突けた拳の位置と言うことになります。

突きを繰り出すのと同じように、脇を刷りながら肘の離れる瞬間に上方に向け、先に受けを取っていた腕と胸前で交差して十字を作り、受け手と引き手を交換します。受け手は額から拳1つ上に極めるようにします。

引き手は脇腹につけ次のスタート地点となります。受け手は拳を高く肘を低くして相手の拳が流れるようにします。事前立ちから左右交互に練習します。


2.前屈立ちからの上段揚げ受け

自然立ちからの揚げ受け(上段受け)が十分できるようになったら次の練習メニューは立ち方を変え、前屈立ちからの上段揚げ受けを行います。

これも、スタート地点とゴール地点をしっかり定め、コースを逸脱しないで最短で結び、最後に極めをとれるように練習します。

2挙動から1挙動へ、そしてスピードと力を加えられるようになったら、移動ができるようにしていきます。


3.自然立ちから前屈立ち、前屈立ちでの前進・後退

しっかり前屈立ちで上段揚げ受けがとれるようになったら、自然立ちから前屈立ちになっての受け、前屈立ちでの前後の移動ができるようにしていきます。

さらに上達したら、受け突きの練習をしていきます。受け突きがスムーズにできるようになると、空手の練習が楽しくなってくると思います。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ