不動立ちの正しい立ち方と使い方/空手が上達する練習メニュー

不動立ちは、空手の攻めと守りを表した立ち方で、旧名ソーチン立ちといいます。特徴ある立ち方で、その名を冠した型もあります。

騎馬立ちと前屈立ちの中間的な立ち方で、左右の足の比重は5:5となります。足先を進行方向にやや向け、どっしりと構えます。前進、後進、左右への動きにも対応しやすい立ち方です。


1.不動立ちの練習

不動立ちの練習は、上級者になってから行います。




基本となる立ち方である、騎馬立ち、前屈立ち、後屈立ちがしっかりでき、応用である、猫足立ち、交差立ちができるようになってからの練習で遅くありません。

練習メニューとしては、まず、最初に騎馬立ちになり、前足になる方の足先を進行方向に少し向け、上体も進行方向に向けます。内股はしっかり締め、足底、足の指を使って床をつかむようにします。

これも、騎馬立ち同様にただただ立ち続けるということで、身体に不動立ちをしみこませるという空手の練習方法が今でも有効と考えますが、非常につらいものです。


2.型「ソーチン」を使った練習

不動立ちが一番わかりやすい型は松濤館の型「ソーチン」です。この型では何回も不動立ちが出ますので、その最初の方の部分、不動立ちで前進するところがありますので、これを利用していきましょう。

自然立ちから、左手を前に出し、右手を前に出た左手を打ち下ろすようにして、右足を前に出し、不動立ちになり、左手額前構え、右下段受けをします。

次に、後ろ足を引き寄せ前にすりだし。左足前の不動立ちになります。右手は縦手刀、左手は左腰に構えます。

次に腰の回転を十分に使って二連突きをしますが、この時に不動立ちをしてもビクともしない立ち方でなくてはなりません。

腰は回転するが膝から下は、ピクリともしないという立ち方が最高です。これを何度も移動して行うと良いでしょう。


3.不動立ちから前屈立ちになり技を極める

また、同じ型で「珍手」「雲手」などで、不動立ちで受けをとり、前屈立ちになって突きを極めるというのがありますので、不動立ちで縦手刀受け、前屈立ちで逆突きを極めるというものですが、突きを手で極めるというイメージでなく、不動立ちの重心バランス5:5を前屈立ちの6:4に変える、若干の腰の押し出し、後ろ足の張りで突くというイメージで練習すると良いと思います。

全身の力を集中して一気に爆発させるという空手の突きを確実にする立ち方です。

この不動立ちは、型で使われるだけでなく、組手においても、一瞬で相手の攻撃を拳一つ分かわし即座に反撃するという意味で重要な立ち方となります。
組手にも応用できる練習メニューといえるでしょう。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ