空手の三戦立ちが上達する練習方法

三戦(サンチン)立ちは空手の立ち方の中でも特に空手を象徴するものではないでしょうか。

空手の上級者となるためにはかかせない基本型であり、必ず上達させたいものです。

練習には丁寧にじっくりと時間をかけてください。


1.三戦立ちとは?三戦立ちのやり方

三戦立ちは、実戦に使うものではなく、空手の鍛錬のための立ち方のひとつです。

三戦立ちは空手においての身体の上手な使い方、しっかりとした土台や軸を身に着けるためにかかせない鍛錬法です。

身体操作の土台作りの練習ですから、防御力や攻撃力などあらゆるものが上達します。




空手には、三戦立ちをはじめとする”立ち方”による鍛錬方法が存在します。

それは空手の元々のルーツが中国拳法にあるためです。

中国拳法には実に多種多用な立ち方があり、長時間の練習に使われます。

中国拳法にも三戦立ちと呼ばれる形の立ち方がいくつかありますが、現在日本の空手における三戦立ちとは形が違います。

三戦立ちは、つま先をハの字にして、力と重心を体の中心に置きます。

つまり、脚をしぼります。

これはバランスが良いだけではなく、金的を守る構えでもあります。

腕もは逆ハの字になり、上半身も体の中心部へ力を向けます。

移動をする時はすり足で移動します。

これが、三戦の立ち方です。


2.三戦の練習方法

空手の三戦立ちはとにかく長時間の練習をすることと、正しい立ち方で行うことで上達します。

正しい三戦立ちはバランスが良く、どこから押されても体が崩れることはありません。

三戦立ちをやっている時は、誰かに体を押してもらいましょう。

もしもバランスが崩れる様ならそれは、正しい三戦立ちができていないということになります。

正しい三戦立ちができるようになると、普段からバランスを崩さない身体操作法が身に付きます。

これが強さの源になります。

あえてバランスの悪い所で行うのも三戦立ちの練習方法としては非常に効果的です。

電車やバスの中で、三戦立ち気味に立ってみましょう。

乗り物が揺れても体がほとんど動かないようになれば、その三戦立ちはかなり高度に上達していると言ってもいいでしょう。

バランスや軸、土台がしっかりするからこそ組手において最大限の力を発揮することができるようになるのです。

そのためにも、三戦立ちは空手が持つ他の格闘技や武道とは違う魅力のひとつなのです。

試合ばかりを追求する道場や選手の中には、三戦立ちのような基本稽古をおろそかにしてしまう人が多いのです。

しかし、三戦立ちのような基本稽古で土台を練り上げていくことで、生涯空手として実力を伸ばすことが可能になるのです。

三戦立ちを単なる立ち方ではなく、突きを打つ動作の基本稽古に組み入れたのは大山倍達です。

それまで、突きを打つ動作の基本稽古は騎馬立ちで行われているのが一般でした。

実戦を追求した大山倍達がなぜ三戦立ちを基本稽古に取り入れるほど重視をしたのでしょうか?

それは実戦的な型と、身体操作の練り上げを同時にできるからです。







空手が驚くほど上達する練習教材

空手が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも負けている!
✓大人で空手を始めたが伸び悩んでいる
✓近くに良い指導者がいない
✓組手で勝つコツが知りたい
✓同じ道場なのに、自分だけ上達しない


そんなアナタにおすすめなのが、 「空手が驚くほど上達する練習教材」です。

空手が驚くほど上達する練習教材は、 元全日本選手権チャンピオンが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に空手が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の空手が上達する練習教材を紹介します。


  • 空手・最速上達法【全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームス覇者 國分利人 監修】DVD2枚組



    空手上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年空手の選手から、大人で空手を始めた人、今よりももっと上を目指したい空手家 のために開発された空手上達プログラムです!

    全日本選手権・アジア大会・ワールドゲームスで優勝経験のある「國分利人」氏がついに明かす空手上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以内に空手が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ